里山の新緑とタンポポ

 私たちも参加しているKoeda+プロジェクトが活動している相原中央公園の里山は緑色が広がっています。新緑の緑が綺麗に見えます。これから夏に向かって緑が深まっていくのだと思いながら緑を見ていました。

 この公園は里山の樹木以外に、いろいろな花が植えられています。ただ、そうした花ではなく、芝生をジッとみているとタンポポが咲いています。春の花ですが、主役となるような花ではありません。でも、とても強くて季節を彩る花です。

 このタンポポの日本一の群生地が北海道むかわ町にあります。鵡川の河川敷公園であるタンポポ公園には春になると一面黄色くなるようです。そうした公園があるのだということを、タンポポを見たら思い出して下さい。まちの花を見つけて、その花に関わりのあるまちを調べたりすると植物に詳しいだけでなく、日本のいろいろな地域に関心がもてるようになります。

▼Koeda+プロジェクトが活動している場所:相原中央公園(NPO法人レスポアール相原)
http://espoir-aihara.net/
▼Koeda+プロジェクト
http://koedaplus84.blog.fc2.com/

P1200994

P1210001

P1210016

コメントは受け付けていません。

どんぐりさんぽ
Twitter-by-DrAsai